taiki-t's diary

きぎょうにっき, React Native, Rails そして雑多な記録: The world is waiting for you to give it a meaning.

建設的であること。

建設的であることは難しい。
けれど、できる限り建設的でありたいと思う。

この世には、完璧なものも、完璧な人もいない。
だけど、人はいる。

人にはそれぞれ得意、不得意なことがあって、
それぞれの特徴をレーダーチャートに表したら、きっとでこぼこすることだろう。

けれど、そのレーダーチャートをうまい具合に重ね合わせることができれば、
きっと、割ときれいな円ができるのかもしれない。それもまた完璧ではないのだけれど。

建設的であること。
他人のレーダーチャートを見て、凹んでるところを凹んでるといってもしょうがない。
どうすれば、その人の強みを活かせるのか、考えたい。
自分がその凹みを補えるなら、補いたい。
自分もまた、その人の凸によって補われる部分があるのだから。

なんのために、僕らはこんなにわらわらと存在するのだろうか。
お互いだめなところを見つけ合って、だめだねって言い合うためなのか?

違うんじゃないか。
いや、そうであってもいい。ただ、どちらが生産的か、価値を生み出すかって考えたとき、
そうじゃないと思うんだ。

僕は、価値を生み出していきたい。
安易な否定で、世の中を台無しにしたくない。


相手を否定する暇があれば、
どうすればその問題を解決できるのかを考えたり、
方法は馬鹿だけど、目指していることは良さそうなら、どうやって実現できるかを考えて、実行したい。
相手を馬鹿にしたり、否定したりして、自分の一時の感情だけを満足させて、
何も解決できないようにはありたくない。

今の自分では明らかに力不足、解決力不足だから、その実力をつけられるように頑張る。
建設的でありたい。
実際に問題を解決できる人でありたい。

うん。