taiki-t's diary

きぎょうにっき, React Native, Rails そして雑多な記録: The world is waiting for you to give it the meaning.

なまもの

仕事が好きな理由1

仕事が好きな理由はいくつかあるけど、その一つは「好きなだけ打ち込めるから」。 好きなことに打ち込めるというのは大事で、しかもその対象が人間でないということが重要。 どんな人でも一人の人間の思いを全て受け止められる人などいない。 一人の人間に自…

嬉しかったこと。

夢が一つ叶った。 今作っているアプリ、Lylica(りりか)は街のおすすめをみんなで投稿して作るSNS。 他のユーザーさんによる近くのおすすめが、アプリを開くだけでわかる。 今いる場所で何ができるかって調べるのは意外と手間で、そこを解決したかった。 Ly…

川が流れる。 穏やかな春の日。新緑の芽生える雨上がりの初夏。 誰もいない堤防の上、二人の男女が歩いている。そんな景色は無かったのに、あったかのように思えてくる。 上流から下流へと絶え間なく移りゆく流れ。同じ水のはずなのに、流れているのと止まっ…

感情と雪解け

あれほど憎らしく思えた相手でも、その背景を知るとその気持ちがあっという間に変わることがある。それはさながら春の雪解けのように。実はその相手にものっぴきならない理由があって、たとえ自分がその発散の対象になったのは許しがたい事実だとしても、で…

は、ロボット

「誰が作ったとか、人間は夢が持てていいな。」 彼は誰に言うでもなく、虚空に向けて一人つぶやいた。芝の上に腰をおろし、膝を抱えている。さながら、孤独な人間のようだ。しかし彼は、ロボットだった。 遠い昔に、人間は人間と同等の知能を持つロボットの…

「この世界の片隅に」 みた

この世界の片隅に、を見てきた。Twitterやなんかで見てきた人の感想を読んでいるうちに、これは行かなければなぁという気持ちになり、どうしても見たくなったので新幹線の切符を買い東京に行って見てきた。地元ではやってなかった。 まぁ東京に用事があった…

どういうものを作っていきたいか、整理

よくサービスの目標とかで「人々を幸せにする」ってのをみる気がするし、俺も気をぬくと、「人が幸せにするサービスを作れたらいいなぁ」なんて漠然と思ってしまったり、言ってしまったりする。けれど、「幸せ」という指標は漠然としていて定量的にはかれな…

良い文章は自分の中に

良い文章は自分の中にある。誰がなんと言おうと。 世の中には事実は一つしかないかもしれないが、真実は2つぐらいある。 一つは他人の中にある真実。もう一つは自分の中にある真実。 この二つの真実は必ずしもいつも一致するわけでもないし、そもそも一致す…